Tips

React(JavaScript)の分割代入は何をしているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Reactを学習していると突然登場する分割代入が何か分からない」
「配列とオブジェクトにconstを指定しているのに中身を書き換えられてしまう」
「ググった時に分割代入をしている記事とそうでない記事を見かけて不思議に感じている」

本日は分割代入の説明に始まり、JavaScriptにおける配列とオブジェクトのちょっとした豆知識まで紹介していきます。

動画もあるので必要に応じてどうぞ。

JavaScriptの分割代入とは書き方のテクニック

例えば以下のようなオブジェクトがあったとして、各プロパティの出力や変更は「オブジェクト名」「プロパティ名」を指定すれば操作できます。

const student = {
  id: "0001",
  name: "山田",
  age: 18
};

console.log(student.id); // "0001"と出力される
console.log(student.name); // "山田"と出力される
console.log(student.age); // "18"と出力される

分割代入とは上記の内容を「書き方を変えた」だけで同じことをやっています。

const student = {
  id: "0001",
  name: "山田",
  age: 18
};

// 分割代入で書いた場合
const {id,name,age} = student;

console.log(id); // "0001"と出力される
console.log(name); // "山田"と出力される
console.log(age); // "18"と出力される

「student」というオブジェクトを定数のオブジェクト型で再定義しているだけなんですが、その後の操作では「student」という記載を省略できています。

簡単に言うと分割代入はコレだけの話です。

また分割代入ではオブジェクトのプロパティ名を自分のオリジナルに変更することもできます。

const student = {
  id: "0001",
  name: "山田",
  age: 18
};

// 分割代入でidをnumberに名称変更
const {id: number,name,age} = student;

console.log(id); // エラーになる
console.log(number); // "0001"と出力される
console.log(name); // "山田"と出力される
console.log(age); // "18"と出力される

JavaScriptの初学者向けのコンテンツでは登場しないので、ReactのようなモダンJSを触り出した時に突然現れて難しく感じますよね。

ちなみにReactの場合ではpropsの管理に分割代入がよく使われます。

JavaScriptの配列、オブジェクトのハマりポイント

分割代入とはオブジェクトの書き方のテクニックであることを紹介しました。

この流れでオブジェクトに関する初学者ハマりポイントも紹介します。

配列でも同じ内容になっています。

const student = {
  id: "0001",
  name: "山田",
  age: 18
};
student.id = "0002";
console.log(student.id); // "0002"と出力される

上記のようにidというプロパティの値を変更してみました、分かりやすくするために分割代入を使わずに行っています。

察しの良い方なら気付かれたと思いますが、オブジェクトstudentは定数で扱っているのに変更が行われています。

自分も含め初学者向けの学習では「constは変更できない」と理解させられたはずです。

こちらエラーではなく公式ドキュメントにも記載がある正しい書き方なんです。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Statements/const

やや難しいですがザックリ表現すると「constは場所が変えれられないだけで、中身は変更できる」ということです。

const number = "111";
number = "222";
console.log(number); // エラーになる

例えば上記のような内容であればスッと理解できるかと思います。

定数numberに違う文字列を入れようとするとエラーになります。

「中身が変えられない」と自分も理解していたんですが、正確には文字列という場所が変更できないことを意味しています。

先ほどから「場所」と言っていますが、コンピューターの世界では「メモリ」と言われるものです。

もう一度オブジェクトを例にしてみます。

const obj = {
  id: "111"
};
obj = "222";
console.log(obj); // エラーになる

上記の書き方も「{ id: “111” }」を「222」という形で場所を変えようとしているのでエラーになります。

一方で以下のようにオブジェクトのプロパティの値は場所ではないので変更できるわけです。

const obj = {
  id: "111"
};
obj.id = "222";
console.log(obj.id); // "222"が出力される

初学者の方からすると何とも言えない不思議な現象に見えますよね。

理解しづらければ最初のうちは「オブジェクトと配列はconstでも変更できる」と覚えてしまっても良いでしょう。

「constだから絶対安心」と思っていると後々ハマりますので。

オブジェクト、配列でも定数で固定したい

ここまでの話から「じゃあオブジェクトと配列は固定できないの?」と思われた方がいるかもしれません。

結論、専用の関数を使うと「プロパティの変更を出来なくする」ことが可能です。

//オブジェクト、配列を変更禁止にする
const student = {
  id: "0001",
  name: "山田",
  age: 18
};
Object.freeze(student);
student.id = "0002";
console.log(student.id); // "0001"のまま出力される

JavaScriptでは「オブジェクトフリーズ」という関数があり、そちらの引数に固定したいオブジェクトや配列を入れてあげればOKです。

1点注意なのが変更できなくなるだけで、エラーになるわけではありません。

万が一、変更を加えようとしても何も変わらずデータが出力され続けます。

「定数に変更を加えようとしたら、あえてエラーにして処理を止めたい」といった場合には上記の内容に別の処理を加えてあげる必要があります。

そんな感じで分割代入を皮切りにJavaScriptのオブジェクトについての深掘りをしてみました。

一番は自分で手を動かして実験してみることですので、ぜひ色々と試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*